【展示会のお知らせ】FOOMA JAPAN2021<6/1(火)~4(金)>とインダストリーフロンティア2021<6/23(水)~25(金)>の出展

 

※画像引用元:FOOMA JAPAN 2021|一般社団法人 日本食品機械工業会主催
※画像引用元:INDUSTRY-FRONTIER 2021 | 日本能率協会

「FOOMA JAPAN2021」6/1(火)~6/4(金)開催
「インダストリーフロンティア2021」6/23(水)~6/25(金)開催

上記の展示会にて、AIを活用した作業現場の自動化ロボットを出展いたしますので、お知らせいたします。

【1】AIを用いた食品の外観検査ロボット を出展(FOOMA JAPAN2021)

当社では、AIを活用した仕分けロボットを開発しており、作業現場の効率化・自動化を図るご支援をしております。

今回はそのAI技術を活かして開発した、「食品の外観検査をするロボット」をFOOMA JAPAN2021に出展することが決定いたしました。

こちらは、長沼製作所様との共同出展となります。

従来の外観検査において、食品や衣類などのランダム性がある模様は、判定が難しいという認識が持たれていました。

このような理由から、依然として目視に頼らざるを得ない現場も多く存在しています。また、こちらの業務には工数もかかり、人員不足に悩まされているとの声もあがっています。

こういった課題を解決するべく、AIによる食品の外観検査ロボットを開発いたしました。省人化や省力化に以って、食品業界の発展へ寄与できるよう取り組んでおります。

AIの画像解析技術が、グラデーションのパターンを学習することにより、細かなエラーでも検知可能です。チョコチップクッキー以外では、肉のスジをはじめとしたランダム模様への対応も図っております。

・FOOMA JAPAN 2021の概要
日時:2021年6月1日(火)~2021年6月4日(金)
場所:愛知県国際展示場 (Aichi Sky Expo)
一般社団法人日本食品機械工業会が主催する展示会。FOOMAという名称は「food」(食品)と「machinery」(機械)が由来している。食品機械に関する情報収集・提供を通して、業界の発展と国民生活の向上を推進。

【2】バラ積みの自動化ロボットとケーブル挿入の自動化をするロボット、2点を出展(インダストリーフロンティア2021)

当社では、作業現場における自動化のニーズであれば、業種は問わずご相談を承っています。ヒアリングから、装置開発・設置・運用・保守まで一貫してサポートを行うパッケージを提供いたします。

今回は、パッケージラインナップの第一弾である「バラ積みの自動化ロボット」。第二弾の「ケーブル・コネクタ挿入作業の自動化ロボット」をインダストリーフロンティア2021にて同時に出展いたします。

第一弾:OKIKAE for バラ積み作業
https://www.astina.co/lp/baratsumi-robot

第二弾:OKIKAE for ケーブル挿入作業
https://www.astina.co/lp/cable-insertion

【作業現場の自動化パッケージ OKIKAE(オキカエ)】
https://www.astina.co/ai-robotics

業種問わず、作業現場の自動化をご支援。専任のコンサルタントが要件定義~設置・運用・保守まで対応。

 

・INDUSTRY-FRONTIER 2021の概要
日時:6/23(水)~25(金)
場所:東京ビッグサイト
日本のものづくりを約40年支えてきた、専門技術展(TECHNO-FRONTIER)から派生した展示会。生産や製造のデジタルイノベーションを推進。

株式会社ASTINA(アスティナ)は、ハード/ソフトウェアの設計・開発および受託開発企業です。
カバー範囲の広さと圧倒的設計スピードでお客様の「作りたい」に応えます。

製品開発で困ったことがあればまずはご相談ください